【ライブレポ】THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR(2019.12.28ナゴヤドーム)

絶好の晴日和。

 

最新曲『DANDAN』の歌詞になぞらえて、ライブ会場ではチンドン屋さんが周年ライブをお祝い。

 

ドームツアーのツアトラ。かっこいい!

 

結成30周年を祝う準備ALRIGHT!

ってことで行ってきました!名古屋まで。

メカラウロコは去年で終わりでしたけど、でも結成記念日に行われるライブはやっぱり特別感がありましたね。

以下、ライブレポ(セトリあり・ネタバレ注意)です。たぶん長いです!

復活後初披露(たぶん)の2曲が聴けた!

ジャガーで始まりマリーで終わるなんて

メカラウロコでは毎回毎回「今回のセトリはすばらしい!!!」と思うんだけど、それを超えてくるのがすごい。

今回、ジャガーで始まり「そうきたか!」と思ったのに、さらに本編最後に「シルクスカーフに帽子のマダム」が来たときの鳥肌感と言ったら。

ジャガーで始まりマリーで終わるなんて。

ていうかマリーさんが聴けるなんて。

曲の最後のファルセット。加齢で(失礼!)キーが高くなった今だからこその歌声が美しい。この歌を生で聞いたことはなく過去の映像でしか見たことなくって、若かりし頃のロビンも美しかったけれど、50代の今のほうがしっくりくるのが不思議です。

これだけでも行ってよかったなぁと思うのですが。。。

しいたげられてる『SMILE』からもあの曲が

私はアルバム『smile』がけっこう好きなんですが、このアルバムは某雑誌にて産業廃棄物と酷評されたアルバムでもありまして……。復活後もあまり積極的にライブで演奏されてない気がするんですよね。

>>一昨年の福岡ではその『smile』から『マリーにくちづけ』が披露されてます

【ライブレポ】THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・28(2017.12.28ヤフオクドーム) | 旧)整理収納手帖
12/28、行ってきました!メカラウロコ28@ヤフオクドーム。「過去最大の曲数やります」の通り、メカラウロコ28にちなんで約28曲!3時間オーバーの濃密な...

今回はなんと”I”が!!!

これにはびっくり。ここには書けないですが、あの放送禁止用語を叫ぶ日が来るとは思いませんでしたよ。

この2曲を聴けただけでも名古屋へ行った価値がありましたねぇ。

全27曲!いや30曲!? メカラ28並みの曲数の多さ

今回約3時間15分?20分くらいの長丁場だったんですけど、それもそのはず。

セトリをみたらなんと27曲!福岡といっしょです。

セトリはこちら

2019.12.28 THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR セットリスト

  • 01.SECOND CRY
  • 02.ROCK STAR
  • 03.SPARK
  • 04.Balloon Balloon
  • 05.A HENな飴玉
  • 06.追憶のマーメイド
  • 07.球根
  • —サブステへ移動—
  • 08.This Is For You
  • 09.LOVERS ON BACKSTREET
  • 10.Foxy Blue Love
  • 11.SLEEPLESS IMAGINATION
  • 12.I don’t know
  • 13.BURN
  • 14.LOVE LOVE SHOW
  • 15.JAM
  • —メインステージへ移動—
  • 16.DAN DAN
  • 17.パンチドランカー
  • 18.天道虫
  • 19.”I”
  • 20.SUCK OF LIFE
  • 21.Holizon
  • 22.Father
  • 23.シルクスカーフに帽子のマダム
  • —encore—
  • 24.アバンギャルドで行こうよ
  • 25.バラ色の日々
  • 26.ALRIGHT
  • 27.悲しきASIAN BOY

公式では全27曲ですが、このほかにもう3曲。

  • サブステからメンステに戻る間の曲(インディーズ時代の曲)
  • アバンギャルドの前の『おそそブギウギ』
  • 公演終了後にかかった『未来はみないで』

を入れたら全30曲!

こんなにたくさんやってくれてありがとう!!

序盤から飛ばす飛ばす!

小見出しはBalloonBalloonにかけてます(笑)

1曲目『SECOND CRY』からの2曲目『ROCK STAR』。

もうこの2曲目『ROCK STAR』は不動の立ち位置ですよね。実際には2曲目じゃないときもあったかもしれないけど、私の中では2曲目と言えばロックスター、ロックスターと言えば2曲目です(笑)

序盤は新旧を行ったり来たりのセトリ。盛り上がるナンバー目白押し!からの7曲目『球根』。

これは演出が素晴らしかった!赤い光がときに怪しげにときに激しく光っていて。エマのギターソロも圧巻でした。球根は、発売当初はちょっと……と思ったクチですが、復活後は断然好きな曲になりましたね。

サブステでは結成秘話を交えながら

球根が終わると、ロビンが「そっち(サブステージ)へ行きましょうか」といい、メンバーがサブステージへ移動。

30年前の12月28日にこのメンバーでの初ライブが行われたこと。

エマから正式にメンバーになると返事をもらってなかったこと、名古屋でそれを確認したことなど、結成時の話を交えながらライブは進みます。

そのエマが作った曲『This Is For You』やイエローモンキーのはじまりの曲『LOVERS ON BACKSTREET』。

「ブギー2曲やります(ロビン)」からのフォクシーとスリープレス。

そうそう、今回の座席はサブステージの横、ヒーセ側。

フォクシー→スリープレスのタンバリンキャッチを間近で見ることができました!!

でも、あとからSNSを見たらスリープレスのときに前のモニターには若かりし頃のメンバーの映像が映っていたとのこと。知らなかった……

結局8曲もサブステでやってくれました!

本編終盤、お祝いムードのDANDANから…

またメインステージへ。

チンドン屋さんがわらわらと出てきて、東京ドームのラブショーのときの世界のお姉さんを思い出しました(笑)

チンドン屋さん登場からのDANDANはまさに30周年を祝う一曲。今までのイエローモンキーにはない明るい雰囲気のステージに、もう過去にあったあれこれを気にしなくてもいいのかもしれないと思ったり。

DANDANがおわるといきなりあのアニーのドラムから始まる曲が!

落差ありすぎです(笑) でも、何度聞いてもパンチドランカーのイントロはぞくぞくしますね。

このあと、天道虫、I、サックと続き、Holizonが来たときは「これで本編終了かー」と思ったらまだfather。「fatherで終わりかー」と思ったら、冒頭にも書いたマリーさんですよ。

もうこれでもかってくらい30周年のプレゼントをいただいた気分です。

アンコールは定番中の定番のセトリ

アンコールはメカラの定番アバンギャルドで行こうよ+ライブの定番3曲(バラ色、オーライ、エイジアン)でした。

THE YELLOW MONKEYの電飾が下から起き上がってくるという、今まで見たこともない登場の仕方なのに驚きました!

桜吹雪(金テ)がこっちまで落ちてこなかったのが残念。

ということで。

まだまだライブレポを書き足したいところなのだけど、時間切れ。年明けちょこちょこアップデートします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました