【利き脳の話】かならずしも左脳=言語脳ってわけじゃないんですって

今週末に片付け講座があるので、利き脳の話をするにあたってちょっと調べものをしています。利き脳って内容によっては疑似科学的にとらえられがちなので、なるべくそう思われないようにと思って。

 

右脳左脳について調べていると、脳には優位性があることや”優位半球”と”劣位半球”という呼び方があること、言語野があるほうが優位半球と呼ばれることを知りました。

さらに、言語野は90%程度の人が左脳側にあるそうで、利き手別だと右利きの人は95%程度、左利きの人でも60~70%の人が左脳側に言語野があるとのこと。
(いくつかのサイトや文献をググっただけなので、認識不足があるかもしれません)

へーーーそうなんだ!

90%の人が左脳側ってことは残りの10%が、左利きの人だけを見れば3,40%の人が右脳側に言語野があるってこと。必ずしも左脳=言語脳ってわけでもないのね。

 

ちなみに、脳の機能については左脳と右脳では異なりますが、機能に個人差はないそうですよ。

脳科学者・中野信子氏が暴く「右脳人間はクリエイティブ」という俗説の嘘
脳科学者の中野信子氏が上智大学で「ヒトの認知機能と神経伝達物質」というテーマの講義を行いました。「右脳型人間はクリエイティブ」「胎児にモーツァルトを聴かせるといい」など、一般的に知られている脳のイメージについて、その真偽を確かめていきます。

↑右脳と左脳の機能に個人差はないことについて書いてあります。「利き脳がどうたら」とか話をしている立場としてリンクを貼るのはちょっと気が引けますが(苦笑)、他の脳の話についてもおもしろいので興味のある方はぜひ読んでみてください!

 

うーーん、脳の話は奥が深いですね…。

そもそも、私は脳の専門家ではないのでそこまで深く知っておく必要はないのですけど、『人によって差がない』ということになると、たとえば空間認知が得意な人と苦手な人の差はどこから来るんでしょう。機能自体に個人差はないけれど、性能?処理能力?に個人差があってそれが得意不得意に表れるんでしょうか?

脳って複雑ですね。

***

ちなみに、ライフオーガナイズ協会による『利き脳片づけ術』は、坂野登京都大学名誉教授の「しぐさ利き脳理論」をベースにして、協会が独自に片づけに応用してまとめた、行動やクセを知るためのライフオーガナイズの手法の一つです。

世の中には、左脳の機能(言語処理や部分認識)が得意な人苦手な人、右脳の機能(非言語処理や全体認識)が得意な人苦手な人がいて、「その得意不得意を知って片づけに生かしましょう!」という感じです。
ラフにまとめすぎ??(^_^;)

 

右脳左脳の機能分化に個人差はないとはいえ、うちの双子は利き脳チェックをすると相反する利き脳という結果になりますし、実際にも早いころから身体的な違いは表れていて、右半身が利く子と左半身が利く子とに分かれてました(もっというとつむじの巻きが左右対称。まあこれは表面的な特徴ですけど)。

そんなわが家の一卵性双子は、同じような自宅環境で同じようなものを買い与えて育ったにもかかわらず、おもしろいもので部屋の様子にも違いが表れています。

家族の片づけ癖を知ればうまくいく!「利き脳」に合った衣類の収納法 - レタスクラブ
「脳のタイプによって、うまくいく収納方法は違います」というのは、マスターライフオーガナイザーの吉川圭子さん。吉川さんには中学1年生の双子の娘さんがいます。おもしろ...

 

なんかまとまりがなくなっちゃいましたけど。

利き脳片づけについて学びたい方は、ライフオーガナイザー2級講座へどうぞ!(最後は宣伝。笑)

ライフオーガナイザー2級認定講座
詳しくは投稿をご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました