フライパンが重く感じるようになってきたのでニトリの超軽量フライパン『KARUFURA3』を買ってみた

歳を取ると、だんだん重い鍋やフライパンがしんどくなってきませんか?

私も筋肉が落ちたせいなのか、それとも子どもたちの食べる量が増えて作る量も増えたからなのか、今まではそれほど気にならなかった重さが最近は重く感じるようになってきました。

ちょうどフッ素加工がはげてきたので先日ニトリで軽いフライパンを買ったんですが、これがイイ!

ニトリ超軽量フライパンKARUFURA3

スポンサーリンク

ニトリの超軽量フライパン『KARUFURA3』

私が買ったのは『KARUFURA3』というシリーズの28cmのフライパン。

『KARUFURA3』シリーズは20cm、26cm、28cm、30cm、炒め鍋28cm、玉子焼き用の6種類あります。ガス火用なのでIH対応ではありません。

IH対応の超軽量シリーズもあります。『KARUFURA3』に比べると若干重めです。

 

28cmフライパンの重さは約530g。

ニトリ超軽量フライパンの重さ

わからないですけど、28cmサイズの中ではかなり軽量なんじゃないでしょうか。

 

今まで使ってたのと比べてどのくらい軽い?

軽さに感動して、フッ素加工がはげかかっていた深型のフライパンもこちらのシリーズに買い替えました(笑)

ニトリ超軽量フライパンKARUFURA3炒め鍋

 

今まで使ってた深型のフライパンの重さは約770g。

ニトリのほうは約570gなので私が持ってるフライパンと比べると約200gの違い。数字だけみるとたいしたことなさそうな感じします。スマホ1個分くらいの重さですし。でも、実際持ち比べてみるとはっきり差が体感できます。

*一般的なフライパンの重さがどのくらいかわからなかったのでティ○○○ルのサイトを見てみたところ、1kg前後が多かったです。そう思うと570gって半分とは言わないけど約2/3くらいの重さなので、やっぱり軽いですね。

あまりに軽すぎるので片手でフライパンをらくらく振れる人にはちょっと心もとないかもしれません。でも、私のように片手で振るのに「よっこらしょ」と気合を入れないといけない人にはオススメです。歳を取ると道具の軽さ、大事ですね(苦笑)

 

フライパン、育てる派?それとも使い倒す派?

ところで、みなさんはフライパンはひとつのものを育てる派ですか?それともいくつも使い倒す派ですか?

私はご覧の通り使い倒す派です。とはいえ、やっぱり『鉄のフライパンを育てる』って響きに憧れます。今まで何度も鉄のフライパンにチャレンジしてみようかなと思いました。

でも、ちゃんと手入れする自分がどうにも想像できなくて。

なので「フライパンは消耗品」と割り切って『フッ素加工を使い倒す派』のままでいることを選びました。大げさですけど(笑)

もちろん、フッ素加工のフライパンを何度も買いかえるよりも鉄のフライパンを使い続けるのがエコだけれど、手入れの楽さは譲れない。フライパンって大きいし金属だから捨てづらいだけに消耗品と割り切るのは気がひけるけど、「自分が楽かどうか」も大事にしてもいいんじゃないかなぁと思ってます。料理って毎日のことですしね!

 

>>ニトリの超軽量フライパン『KARUFURA3』

タイトルとURLをコピーしました