レジデンシャルオーガナイザーの勉強会でした

先日、レジデンシャルオーガナイザーの勉強会に行ってきました。

>> レジデンシャルオーガナイザーとは?

既製品以外の収納提案やインテリアイメージ にあわせた収納、新築やリフォーム時においてお客様と設計・工事担当者と空間計画を進めることができるスキルを持ったオーガナイザー

一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会WEBサイトより引用

今回の勉強会はショールーム見学。

南海プライウッドさんのショールームに行ってまいりました。

こちらはシューズクローゼット。

天井近くまでしっかり使って収納スペースを確保。大容量です。

キッチンカウンター下の収納。

ここの使い方に悩んでいるお客様、少なくありません。通販などで薄型キャビネットも売ってますが、奥行きが浅くてちょっとしたものしか入らなかったりしますが、こちらはそこそこ奥行あります。

ニッチ収納系。

壁面や壁の厚みを利用した、「ここにちょっとしたものが置けたらいいのに」というところの収納例。

どこに作るかは暮らし方を考慮する必要がありますが、散らかりを防ぐのにニッチ収納って便利なんですよね。

レジデンシャルオーガナイザーはみんな建築・住宅のプロ(建築士やインテリアコーディネーターでもある)なので、プロ目線。

同業者と一緒にショールームをめぐる機会がふだんなかなかないので、勉強になりましたねぇ。私は一応インテリアコーディネーターの資格は持ってますが、実務になかなか活かせていないので、スキルアップしていきたい部分です。

ショールーム見学のあとのお茶では、近未来の住まいについての妄想?想像をめぐらせたりなど、楽しい時間を過ごすことができました!

住まいとAIの融合?なんでもバーチャル体験ができるようになった未来ではどんな住まいになるんでしょう。。。