『家事シェア』で私が本当に伝えたいこと(の補足)

片づけ収納ドットコム、9月の担当記事が昨日UPされました。

テーマは『家事シェア』。

たぶん私、この手の話は得意分野。

思うことはたーーくさんありますし、書こうと思えばいくらでも書けるであろうテーマです。

協会のWEBマガジンなのでやや抑え目?に書きましたが、書き足りない分をブログで書こうと思います(笑)

人手が増える=問題解決なのか?

ちょっと前にこんなツイートをしました。

『半分こ刀』という道具が出て来た回だったんですが。

テレビのチャンネル争いをしていたのび太とドラえもんは、ママから「いっそのこと、テレビを半分こにしたら」と言われる。それを聞いたドラえもんは、ポケットから『半分こ刀(とう)』を取り出した。この刀は切ったものを二つにでき、どんなものでも元の大きさの半分になるという。

さっそくテレビを半分にした二人が、それぞれのテレビを見て楽しんでいると、しずかから電話がかかってくる。一緒に宿題をやる約束をしていたのだ。こまったのび太は、自分を二人にすることを思いつき、自分の体を半分こ刀で切ってしまう。https://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/story/0530/より引用

「自分を二人にして、もう一人に宿題をやってもらおう」と思って道具を使ったのび太が、このあとどうなったかというと。

二人になってものび太はのび太。どっちもテレビが見たいのには変わりないので、どっちが宿題をやるかでけんかになりました。

人が増えたところで、みんながやりたくないことだと、だれがやるかでケンカが起こってしまう

そう、押し付け合いです。

「人が増える」って必ずしも問題解決とは限らないんですよね。

解決されたのは「自分の負担」のみ

人手が増えることで解決されるのは、「自分の負担が減る」こと。

たとえば、家事負担の割合が『妻9:夫1』だったのが『妻8:夫2』になるという具合。

このとき何が起こるか?

妻の負担は減るけれど、その分、夫の負担が増える。

負担が妻から夫に移動しただけです。

どっちかの負担を増らすにはどっちかの負担を増やすしか選択肢がない(と思ってる)状態だと、どっちがやることになってもあんまり雰囲気は良くないですよね。

わが家もそういうこと、もちろんありましたよ。

そもそも10やる必要があるのか?

分担を考える前にすべきこと。

それは、

本当に10するべきなのか? 減らせるものはないのか?

やめてもいいしがらみや、捨ててもいいこだわりがあるんじゃないのか?

そんなことをお互いに夫婦で話し合い、考えることから家事シェアが始まるんじゃないか

そう思います。