収納ボックスを選ぶときにちょっと気にしてほしいこと。

脱衣場の棚のキズが目立つようになりました。

 

わが家では脱衣所の棚に無印のブリ材バスケットを置いていて、このキズはかごを引き出すときにこすれてできたものです。

 

私はかごが好きで、この無印のブリ材バスケットは無印の天然素材系バスケットの中では比較的リーズナブルなのもあっていくつも持っています。今の家は住み始めて丸8年になりますが、前の家で使っていたのをそのまま脱衣所の収納に使っているので、長いものだと15年?もしかしたら20年選手もいるかもしれません。

 

このバスケットにはタオルなど入浴時に必要なものを入れているので毎日出し入れするたびに引き出しています。ブリ材バスケットは素材が硬いし表面もざらつきがあるので、使っているうちに棚板を少しずつ削ってしまったようです。

 

天然素材の収納用品は見た目がよいので本当はこのまま使い続けたいんですが、このままだとどんどん棚板がすれていくのは間違いないのでやむなく買い替えることにしました。

選んだのは同じく無印のやわらかポリエチレンケース。

やわらかポリエチレンケース・中 | 無印良品
柔らかい素材のポリエチレンを使用しています。別売りのフタを使用することでスタッキングできます。積み重ね可能段数:2段

柔らかい素材のポリエチレンでてきているので棚板を傷つけなさそうです。

 

実はこの『棚板すれる問題』、最近の話じゃなくて数年前から起こっていました。当時も「なにか他の収納用品に変えなきゃな」と調べてみたんですが、結局サイズをクリアできるものが見つかりませんでした。

 

そんな中、先日LDKさんの仕事でインナーボックス検証をさせていただく機会がありまして。「これはチャンス!」と、各社とりそろえてあるインナーボックスのサイズを一通りチェックさせていただきました^^
(もちろん本来の検証はちゃんとしましたよ!)

 

現在使っているブリ材バスケットは幅が26cm。バスケットを置いている棚の横幅は約79cm。超ギリギリです(笑)。

なので26cm以上のものはアウト。結果、無印のやわらかポリエチレンケース一択!となりました。

 

素材が柔らかいのでキズもつかなさそうですし、サイズもブリ材に比べると幅が5mm小さいので、3つでトータル1.5cmの余裕ができました。

今まではぴったり過ぎて出し入れするととなりのボックスに引っかかったりしていたのですが、それも解消されました。家族にも「出し入れしやすくなった」と好評です。

(「5mmなんてたいした違いじゃない」と思われがちですが、収納では5mmの違いって意外と大きいです!)

***

収納ボックスを選ぶときは見た目や価格、サイズ、収納力などが優先されがちです。今回の話は『長い間使っているとダメージを与える可能性がある』程度の話なので、グッズを選ぶときに気にするポイントとしてはあとまわしかもしれません。ただ、知っておいて損はないので、収納用品の素材・使い方・使う場所の相性もちょっとだけ気にして選んでみてください。

 

そうそう。

「キズづきそうで心配」なら、家具の足に貼るようなフェルトや滑りやすいテープなどを貼るといいですよ。わが家でも出し入れの頻度が比較的少ないブリ材バスケットには貼ってます(脱衣所のにも貼ってたんですが、出し入れの頻度に耐え切れずはがれてしまいました……)。

タイトルとURLをコピーしました